産経ニュース

【東京都議選】公明・山口那津男代表、最後の訴え詳報「共産党は憲法を語る資格ない」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
公明・山口那津男代表、最後の訴え詳報「共産党は憲法を語る資格ない」

都議選候補者への応援演説を行う、公明党・山口那津男代表=1日午後、東京都中野区(春名中撮影) 都議選候補者への応援演説を行う、公明党・山口那津男代表=1日午後、東京都中野区(春名中撮影)

 東京都議選(2日投開票)の選挙戦最終日となった1日、公明党の山口那津男代表は東京都調布市で演説し、米軍横田基地(東京都福生市など)の軍民共用化を含む東京都予算が44年ぶりに都議会の全会一致で承認されたことを念頭に「共産党は日米安全保障条約は憲法違反だ、自衛隊は憲法違反だといっている。なぜ予算に賛成したのか。筋が通らない。共産党に憲法を語る資格はない」と批判した。また、2020(平成32)年の東京オリンピック・パラリンピックの成功に向け「都政の主役である都知事知事と議会をしっかり結び合わせて都政を前に進め、都政と国政を結ばなければならない」と訴えた。演説の詳細は次の通り。

           

 今回の都議選は、昨年誕生した小池(百合子)都知事のもとで都政を誰が前に進めていくか。知事1人で都政を前に進めるのはできない。議会と知事がしっかりかみあって、その議会の責任を誰が担うかだ。

 小池都知事はまだ誕生して1年たっていないが、公明党は3つの挑戦という政策を提言し、そのすべてを実現できた。他の政党で、都知事と力を合わせ、都民が納得する政策を実現したという話は聞いたことがない。都議会公明党だからこれができた。

続きを読む

関連トピックス

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング