産経ニュース

【東京都議選】当日の投票率 「曇り」で上がる?真夏日で下がる?

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
当日の投票率 「曇り」で上がる?真夏日で下がる?

東京都議選候補者の街頭演説に集まった有権者=30日午後、東京都中野区 東京都議選候補者の街頭演説に集まった有権者=30日午後、東京都中野区

 東京都議選が投開票される2日の天気は30日午後5時時点で「曇り」予報で“選挙日和”となりそうだ。ただ、予想最高気温31度という暑さで投票率が下がる可能性もある。

 気象庁によると、30日から1日にかけては列島南方から太平洋高気圧が張り出し、梅雨前線を押し上げるため、東京付近は雨が降りやすい。3日からは高気圧に覆われるが、2日は雲が残りそうだ。

 一般的に投票日が好天だと遊びに行き、雨だと外出しにくく、どちらも投票率が低下するといわれる。2日の天気はちょうど良い曇り空だが、予想最高気温は31度の真夏日となっている。

 過去5回分の都議選の投票率と気温を見ると、晴れて気温35・8度まで上がった平成9年7月6日は投票率40・8%とかなり低い。どこまで気温が上昇するかが今回の投票率のポイントになるとみられる。

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング