産経ニュース

【東京都議選】都民、第1党うかがう 「小池勢力」で過半数の勢い 自民は下落歯止めに躍起

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
都民、第1党うかがう 「小池勢力」で過半数の勢い 自民は下落歯止めに躍起

 国政への影響が注目される東京都議選(7月2日投開票、定数127)について、産経新聞社は24、25の両日、都内の有権者約千人に電話世論調査を実施した。情勢取材も加味した結果、小池百合子都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が比較第1党をうかがい、公明党など小池氏の支持勢力を合わせると過半数を確保する勢い。自民党は都民と拮抗(きっこう)しており、下落傾向の歯止めに躍起だ。

 既に投票先を決めている場合や、まだ決めていないものの今投票するとした場合の政党別内訳は、都民が24・4%、自民が23・2%。ただ、全体で投票先未決は57・2%に上っており、そうした層の実際の投票行動が鍵となりそうだ。

 他の投票先政党は共産党7・5%、公明党6・7。民進党は5・8%にとどまった。

 小池氏を支持する人の割合は66・5%で、不支持は21・7%。築地市場を豊洲市場に移転させ、築地の跡地を再開発する“両立案”は「評価する」が54・9%で、「評価しない」の31・4%を上回った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 都民、第1党うかがう 「小池勢力」で過半数の勢い 自民は下落歯止めに躍起

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング