産経ニュース

【東京都議選】のしかかる加計問題、必死の自民候補 都民候補は「豊洲」説明 初の週末、街頭バトル

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
のしかかる加計問題、必死の自民候補 都民候補は「豊洲」説明 初の週末、街頭バトル

都議選候補の街頭演説に集まった大勢の人たち=24日午後、東京都墨田区(納冨康撮影) 都議選候補の街頭演説に集まった大勢の人たち=24日午後、東京都墨田区(納冨康撮影)

 東京都議選は24日、告示後初の週末を迎えた。学校法人「加計学園」(岡山市)の文書問題で自民候補は危機感を示す一方、謙虚さをアピール。小池百合子知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」の候補は小池氏が表明した豊洲移転・築地再開発という市場の両立案に理解を求めた。国政の加計、都政の市場の2つの問題を中心に論戦が繰り広げられた。

 「遊説中に支持者が近寄ってきて『自民は何やってるんだ』と厳しく叱られた」。告示後、政府対応などが批判を浴びた加計学園問題の影響を自民新人はこう話した。告示前日には、秘書への暴行を報じられた豊田真由子衆院議員への批判も寄せられた。

 「支持者から見ると国政も都政も一緒。選挙に影響が出ることが心配」と話し、街頭では「批判は謙虚に、淡々と都政の課題を訴える」と気を引き締めた。

 自民都連の下村博文会長はこの日、JR蒲田駅東口での演説で、「都政と関係のないところで自民党はおごっている(と言われる)。国も都政も責任を持って前に進める政治をしたい」と訴えた。

続きを読む

関連トピックス

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング