産経ニュース

【豊洲問題】迷走…小池流に賛否 都議選にらみ築地・豊洲共存?

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【豊洲問題】
迷走…小池流に賛否 都議選にらみ築地・豊洲共存?

築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影) 築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

 東京都議選告示直前に豊洲市場(江東区)移転の基本方針を表明した小池百合子知事は、築地市場(中央区)との共存を強く打ちだし、幅広い支持を狙ったとの見方もある。移転延期表明以降、市場行政の不透明さが明らかになったため、小池氏はこの日、情報公開を進めて検討すると強調した。一方、小池氏が任命した市場問題プロジェクトチーム(PT)が移転断念、築地市場再整備を強く推し着地点は一時迷走するなど、その手法には賛否両論がある。

盛り土など問題明示

 この日、「築地を守る」と強調した小池氏は、ドイツの哲学者が提唱する「アウフヘーベン」を引用して「一旦立ち止まってより上の次元に」を目指し、方針とりまとめを急いだ。一方で、豊洲市場への視線は常に厳しいものだった。

 移転延期表明から間もない昨年9月、小池氏は、土壌汚染対策として行われるはずだった盛り土が行われず、豊洲市場の地下が空洞になっていたことを発表。都の調査では、盛り土方針が変更された理由などが明らかにならず、行政プロセスのずさんさが際立った。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング