産経ニュース

民進・辻元清美氏「安倍さんは焦っている」と改憲を牽制 首相提案に「その手には乗らない」と対決姿勢鮮明

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・辻元清美氏「安倍さんは焦っている」と改憲を牽制 首相提案に「その手には乗らない」と対決姿勢鮮明

民進党の辻元清美氏(斎藤良雄撮影) 民進党の辻元清美氏(斎藤良雄撮影)

 民進党の辻元清美元国土交通副大臣は20日夜のBSフジ番組で、憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記するとした安倍晋三首相(自民党総裁)の提案について「安倍さんは焦っているのかなと最初思った」と論評した。辻元氏は衆院憲法審査会の幹事を務めている。

 辻元氏は、自民党が野党時代の平成24年に発表した党憲法改正草案で、戦力の不保持を定めた9条2項を改めて「国防軍を保持」としていたことを挙げ「あれ、どこにいっちゃったのかしらと思った」と語った。さらに「政党としてすぐにみんな安倍さんの言う通りになびいていく。『自民党、大丈夫かしら』と思った」と述べた。

 辻元氏は首相の提案に絡めて「政治利用されかねない案件だ。民進党を分裂させるとか、野党の選挙協力を分断するとか、いろいろお考えになって言っている。その手には乗らない」と述べ、首相との対決姿勢を鮮明にした。

 9条1、2項を維持して自衛隊の存在を明記する首相の提案については「果たしてできるのか。交戦権の否定と陸海空軍を保持しないということとの整合性をとるため、『2項を書き換えて国防軍』というのは筋が通っている。賛成か反対かは別にして」と指摘した。

 その上で「3項に自衛隊を付けられるのか、はなはだ疑問だ」と語った。民進党では、前原誠司元外相も「9条3項」による自衛隊の存在明記を主張している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング