産経ニュース

【豊洲問題】自民・下村博文幹事長代行「問題先送りの可能性ある」 移転推進、反対両方に「耳障りの良いこと言うのではなく…」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
自民・下村博文幹事長代行「問題先送りの可能性ある」 移転推進、反対両方に「耳障りの良いこと言うのではなく…」

自民党憲法改正推進本部の執行役員会に臨む下村博文幹事長代行=20日午後、東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影) 自民党憲法改正推進本部の執行役員会に臨む下村博文幹事長代行=20日午後、東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影)

 自民党の下村博文幹事長代行(東京都連会長)は20日、東京都の小池百合子知事が築地市場(中央区)を豊洲市場(江東区)に移転させ、築地跡地を再開発する方針を表明したことに疑問を呈した。「問題の先送りになる可能性が非常にある。(多額の)税金がかからないのか、はっきりしてもらわなければ、やはり『決められない知事』ということになる」と述べた。党本部で記者団に語った。

 自民党は都議選(23日告示、7月2日投開票)で豊洲への早期移転を公約に掲げており、下村氏は豊洲移転自体については「やっと(移転を)決めてもらったのは良かった」と評価した。ただ、小池氏の築地と豊洲の「両立案」には「都議選で(移転推進と反対の)両陣営に耳障りの良いことだけを言うのではなく、(コスト面で)大丈夫なのか説明してもらわないといけない」と注文した。

 また、都議選の告示直前で表明に「非常に遅かった。今後、2020年東京五輪・パラリンピックなどについては都議会などとも連携して遅滞のないように判断していただきたい」と語った。

「ニュース」のランキング