産経ニュース

【小池知事市場決定・詳報(1)】「食の魂を込め、築地を再開発する判断に至りました」…では豊洲は?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事市場決定・詳報(1)】
「食の魂を込め、築地を再開発する判断に至りました」…では豊洲は?

会見場に入る小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影) 会見場に入る小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

 「2点目ですが、日本一の世界に誇るブランド、築地のブランドは、長い間必死の思いで育て、守ってきました。市場関係者に真に向き合っていく必要があると感じたからです」

 「石原都知事時代の豊洲への移転については、無害化を念頭にしてきました。一方で汚染対策はこれまで850億円以上も投じられてきたものの、今年1月からのモニタリング調査でも、いまだに有害物質が基準値を上回る数値が検出され、無害化は果たされていません」

 「あるはずの盛り土がありませんでした。モニタリングで有害物質が検出されたと分かっていたなら、築地から移転した市場関係者はどうしたらいいのでしょうか」

 「先の専門家会議ですが、安全性を検証した平田(健正)座長が、地上は安全だが地下は追加対策が必要と出されました。検証会議の、これが答えということでした」

 「築地市場に赴き、市場関係者から率直な意見も伺ってきました。『私も築地が大好きなんだ』『時間をかけてもしっかり決めてほしい』など市場の切実な声を伺ってきました」

 《17日に築地市場で業者と面会した際も、築地への思いを口にしていた小池氏。移転について語るよりも前に、築地の今後について熱い思いを語った》

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング