産経ニュース

【豊洲問題】豊洲は移転、築地は再開発 小池百合子知事、市場両立目指す 基本方針表明

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
豊洲は移転、築地は再開発 小池百合子知事、市場両立目指す 基本方針表明

築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影) 築地市場の豊洲移転問題で会見する小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子都知事は20日、緊急の記者会見を開き、中央卸売市場を豊洲に移転する基本方針を表明した。一方、築地市場は「築地ブランドを守っていく」として、5年後をめどに市場機能を残した「食のテーマパーク」とする再開発を想定。築地に戻ることを希望する仲卸などの業者を支援し、豊洲・築地の両立を目指すとした。

 小池氏は「築地を守る、豊洲を生かすことを基本方針の第一とする。築地は長年培ったブランド力、地域との調和を生かして改めて活用することが大切な宝を生かす方法」と述べた。

 豊洲市場については「新たな中央卸売市場だ」と明言した上で、冷凍冷蔵・物流・加工などの機能を強化し、IT技術を駆使した総合物流拠点を目指すとした。東京ガスの工場跡地に整備された同市場の開場条件となっていた土壌汚染の「無害化」は達成されていないが、追加対策を行うとともに懸念払拭に向けて同市場の安全性を発信するとしている。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング