産経ニュース

【安倍晋三首相会見詳報(下)】「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍晋三首相会見詳報(下)】
「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

会見で記者団の質問に応える安倍晋三首相=19日午後、東京都千代田区・首相官邸(春名中撮影) 会見で記者団の質問に応える安倍晋三首相=19日午後、東京都千代田区・首相官邸(春名中撮影)

 「中国に対しては先般、楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)国務委員が訪日した際、私からも働きかけを行いましたが、米国があらゆるレベルで中国と連携して、北朝鮮に圧力をかけていくことは、日本にとっても利益になると思います。いずれにせよ、日本にとって日米同盟は外交・安全保障の基軸であります。首脳レベル、大臣レベル、あらゆるレベルにおいて意思疎通を密にして、そしてサプライズがないという関係を作っていくことも大切だと思いますし、今はそういう関係を築くことができていると考えています。米中間においても日中間においても、それぞれの関係を発展させていくことが日米両国ともにプラスになっていくという認識で今後対応していきたいと思います」

 --国会では公文書の扱いが問題となった。日本維新の会は、公文書の保存を義務づける文書の範囲を拡大する法案を提出し、野党も同趣旨の法案を出した。公文書管理法の改正や公文書管理のあり方についてどう考えるか

 「公文書管理については過去から現在、そして未来へと国の歴史や文化を引き継いでいくとともに、行政の適正かつ効率的な運営を実践し、現在と将来の国民への説明責任を全うする上においても重要なインフラであるといっても良いと思います。今回の国会審議において、公文書の扱いについてさまざまな議論がありました。そうした中で、このことの重要性について、改めて認識したところであります。政府としてはその重要性を踏まえ、各行政機関における公文書管理の質を高めるため、不断の取り組みをしっかり進めていく考えであります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」
  • 「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

関連ニュース

「ニュース」のランキング