産経ニュース

【単刀直言】鈴木宗男・貴子父娘が登場(上)貴子氏「鈴木宗男の恐ろしいところ」「共産党と組むことは北方領土問題解決を諦めるのと同じ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
鈴木宗男・貴子父娘が登場(上)貴子氏「鈴木宗男の恐ろしいところ」「共産党と組むことは北方領土問題解決を諦めるのと同じ」

鈴木宗男氏(酒巻俊介撮影) 鈴木宗男氏(酒巻俊介撮影)

 総理とは声をかけられた6日後の12月28日、官邸でこのときは約1時間話しました。途中でケーキが出てきてね。それも三角形じゃなくて長方形のショートケーキ。大きくて上等でした(笑)。ロシアとの平和条約締結に向けた決意と覚悟を持った総理の話しぶりに非常に感激しました。この頭作りなら何の心配もいらない。この人に懸けようと思いました。

 その場で、総理は28年4月の衆院北海道5区の補欠選挙と夏の参院選で「先生の応援がほしい」と言われた。私は「分かりました。選挙協力させていただきます」と応じました。さらに総理は「できたら衆院選も頼みたい」と言われた。

 でも、娘の貴子は当時まだ民主党(現民進党)議員だったので、総理に「うちの娘の立場がある」と言ったんです。そうしたら「お嬢さまは自民党で育てたい」とおっしゃられた。私が講演などで自衛隊、日米安全保障条約、日の丸や君が代、「天皇制」も認めない共産党と選挙協力する民主党は野合だと、ガンガンやっていたのが総理の頭に入っていたんでしょう。

 貴子氏 北方領土問題は私の代で解決する。鈴木宗男の人脈など全部を駆使し、鈴木宗男とともにやっていくと訴えている私が、北方領土に隣接する地域で最多の票を得ているのは、私たちの訴えへの期待だと受け止めています。

 一方、サンフランシスコ平和条約も認めない、北方領土四島の存在も認めない共産党(全千島列島返還は要求)と民主党が組むことは「鈴木貴子は北方領土問題の解決を諦める」と宣言することと同じです。有権者に対して申し訳が立たないと思いましたね。

 宗男氏 受託収賄罪などで実刑が確定し、当時の公職選挙法の規定で刑期終了から5年間は全ての選挙に立候補できなかったが、今年4月30日午前0時に公民権を回復したので、次期衆院選に出ようと思えば出られる環境です。総理は「北海道の情勢は厳しいから先生の応援なくして勝てない」と言っている。総理は全国の選挙情勢を把握し、中でも北海道については危機感を持っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鈴木宗男・貴子父娘が登場(上)貴子氏「鈴木宗男の恐ろしいところ」「共産党と組むことは北方領土問題解決を諦めるのと同じ」

「ニュース」のランキング