産経ニュース

【加計学園問題】「政策判断と決定プロセスはすべて正当」 国家戦略特区諮問会議民間議員が会見

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園問題】
「政策判断と決定プロセスはすべて正当」 国家戦略特区諮問会議民間議員が会見

獣医学部の新設について説明する国家戦略特区諮問会議の(手前から)八田達夫氏、坂根正弘氏、竹中平蔵氏、国家戦略特区ワーキンググループの原英史委員 =13日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 獣医学部の新設について説明する国家戦略特区諮問会議の(手前から)八田達夫氏、坂根正弘氏、竹中平蔵氏、国家戦略特区ワーキンググループの原英史委員 =13日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、国家戦略特区諮問会議の民間議員を務める八田達夫氏らは13日夜、内閣府で記者会見し、「総理の意向」によって行政がゆがめられたとする一連の報道について「政策判断と決定プロセスはすべて正当であり、何らかの意向でゆがめられた事実はない」との見解を発表した。

 特区ワーキンググループの座長も努める八田氏は「獣医学部新設が実現できずにきたのは、既得権者が新規参入を阻んできたためだ。この分野でようやく岩盤規制改革が実現したことは評価すべきである」と述べた。また、「『加計ありき』で検討されたとの指摘は事実に反する」と強調し、「今回の一連の経過によって今後の岩盤規制改革が阻まれることを強く危惧する」と述べた。

このニュースの写真

  • 「政策判断と決定プロセスはすべて正当」 国家戦略特区諮問会議民間議員が会見
  • 「政策判断と決定プロセスはすべて正当」 国家戦略特区諮問会議民間議員が会見

「ニュース」のランキング