産経ニュース

「女性宮家」付帯決議反対の自民・有村治子氏が党役職辞任の意向 野党議員に手紙 反対の着席は「突然腰が上がらず自分でも驚き」と釈明

ニュース 政治

記事詳細

更新


「女性宮家」付帯決議反対の自民・有村治子氏が党役職辞任の意向 野党議員に手紙 反対の着席は「突然腰が上がらず自分でも驚き」と釈明

自民党の有村治子氏(斎藤良雄撮影) 自民党の有村治子氏(斎藤良雄撮影)

 天皇陛下の譲位を可能にする特例法案の付帯決議の採択で反対した自民党の有村治子参院政審会長代理が党役職の辞任を申し出ていたことが8日、分かった。

 有村氏は7日の参院特別委員会で特例法案には賛成したが、その後に採択された「女性宮家の創設等」の検討を政府に求める内容の付帯決議に反対した。特別委の委員を務める野党議員は同日、有村氏から付帯決議に反対したことを謝罪する手紙を受け取った。

 それによると、付帯決議の起立採決で、反対を意味する着席のままだったことについて、有村氏は「この一週間、法案に賛成するということだけで頭の中が一杯になっており、何を考えていたのか、附帯決議の採決があるという当然のことを、すっかり放念しており、突然腰が上がらない事態に陥ってしまいました」と説明。その上で「大変反省しており、自分でも驚き、言葉を失っております」と釈明した。

 さらに「言葉では言い尽くせないご迷惑とご心配」をかけたことを謝罪し、党の役職について「進退伺い(辞表)を慎んで提出致しました」とした。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング