産経ニュース

北海道夕張市、高齢化率50%超 全国の市で最高

ニュース 政治

記事詳細

更新


北海道夕張市、高齢化率50%超 全国の市で最高

 全国唯一の財政再生団体である北海道夕張市の高齢化率が5月末に50・05%となったことが6日、市への取材で分かった。総務省によると、全国の市で最も高いとみられる。

 住民基本台帳に基づく人口は5月末時点で8593人、うち65歳以上は4301人。総務省が発表した平成28年1月1日時点の人口動態調査で、最も高かったのは群馬県南牧村の60・13%だったが、夕張市は市(特別区含む)では1位の48・86%だった。

 夕張市はかつて日本有数の産炭地として栄え、ピーク時の昭和35年には人口11万6908人だった。炭鉱の閉山に観光開発の失敗も重なり、平成18年に財政破綻が表面化。同年に高齢化率が40%を突破し、25年には人口が1万人を割り込んだ。

「ニュース」のランキング