産経ニュース

政府、「骨太方針」案を示す 幼児教育の早期無償化 基礎的財政収支目標は維持

ニュース 政治

記事詳細

更新


政府、「骨太方針」案を示す 幼児教育の早期無償化 基礎的財政収支目標は維持

首相官邸で開かれた経済財政諮問会議=2日午後 首相官邸で開かれた経済財政諮問会議=2日午後

 政府は2日開いた経済財政諮問会議(議長=安倍晋三首相)で、経済財政運営の指針「骨太方針」案を示した。全世代への教育拡充など「人材投資」を柱に据え、保育所や幼稚園の費用を早期に無償化する方針を明記した。財政健全化は、基礎的財政収支を平成32年度までに黒字化する目標を維持した上で、国内総生産(GDP)に対する債務残高比率を安定的に引き下げる目標を併記し、より重視する姿勢を示した。骨太方針は与党との調整を経て、9日にも閣議決定する。

 人材投資は安倍晋三首相が重要政策に位置付けている。方針案では、まず幼児教育・保育の早期無償化と待機児童解消を進めると強調した。財源案として(1)財政の効率化(2)税(3)新たな社会保険方式の活用-を挙げ、年内に結論を得るとした。大学改革も加速し、定員割れ対策として国公私立の枠を超えた連携・統合なども検討する。

 社会保障の効率化は、30年度の診療・介護報酬の同時改定を見据え、医療費の適正化や薬価制度の抜本改革などを行う。30年度予算は従来の財政健全化計画に沿って編成し、「社会保障の持続可能性の向上」と両立する考えを示した。

このニュースの写真

  • 政府、「骨太方針」案を示す 幼児教育の早期無償化 基礎的財政収支目標は維持

「ニュース」のランキング