産経ニュース

築地市場こそ危ない! 土壌から水銀、鉛、六価クロム…問われる小池都知事の移転延期

ニュース 政治

記事詳細

更新


築地市場こそ危ない! 土壌から水銀、鉛、六価クロム…問われる小池都知事の移転延期

老朽化する築地市場。このままでいいのか 老朽化する築地市場。このままでいいのか

 やはり出てしまった-。東京都が行った築地市場(中央区)の土壌調査で、30カ所で採取した土から土壌汚染対策法の基準値を超える水銀や鉛、六価クロム、ヒ素、フッ素の5種類の有害物質が検出されたと発表した。「安全」でも「安心」でもなくなった築地。豊洲新市場(江東区)への移転を遅らせている小池百合子知事だが、これでも決断しないのか。(夕刊フジ)

 調査は水産仲卸売場周辺など8区域の111カ所で表層から深さ50センチまでの土を採取して行い、有害物質は8区域全てで出た。各物質の最大値は基準値に比べ鉛が4・3倍、ヒ素2・8倍、水銀1・8倍、フッ素1・5倍、六価クロム1・4倍。ヒ素が最も多い20カ所で検出された。

 築地市場は戦後、ドライクリーニング工場などがあり、土壌汚染の恐れが指摘されていた。今回は工場があった区域などは調査していないにもかかわらずこの数値だ。土の結果とは別に、既に土中のガスの調査でも1カ所からベンゼンが検出されている。

 都の担当者は「築地の敷地はアスファルトなどで覆われており、安全性に問題はない」と強調する。

 しかし、豊洲の土壌汚染対策を検討する「専門家会議」座長の平田健正放送大和歌山学習センター所長は、同会議に参加する別の有識者と連名で「水銀は常温でも揮発する物質で、表層での検出は重く受け止めるべきだ。(調査した8つの)全区域で基準超過が確認されており、敷地内の他の区域でも似たような状況にあることが懸念される」と声明を出した。

続きを読む

「ニュース」のランキング