産経ニュース

【前文科次官会見詳報(5)】前川喜平氏「出会い系バーに行ったことは事実。実地視察調査で教育行政の課題を見いだせ、意味があった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【前文科次官会見詳報(5)】
前川喜平氏「出会い系バーに行ったことは事実。実地視察調査で教育行政の課題を見いだせ、意味があった」

会見の途中、汗を拭う前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)  会見の途中、汗を拭う前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 --前川氏から専門教育課にこの文書に関連して何か聞いたか

 前川氏「詳しいことは覚えていない」

 --問題の文書は幹部で共有したというが、具体的に持っているのは誰か

 前川氏「ものによって違う。共有といっても、担当課が個別に説明にいって渡している。どの資料をどの人に持っていって渡しているかは私も分かりません。担当課でなければ分かりません。

 一連の資料は、いわゆる『レク資料』と呼ばれるもので、部下が上司に説明するときに使う。複雑な課題を、要領よく要点を並べて分かりやすく整理したペーパーで、通常こういうものには日付も付けませんし、担当課の名前も付けませんし、保存用じゃありませんので、その場で説明する場合に使ったものです。どの人の説明にどの説明資料を使ったかは担当課でないと分からない」

 --松野(博一)文部科学大臣がそのうちのいくつかを読んでいる、持っているということは考えられないか

 前川氏「松野大臣の説明にも使った可能性はあります。ただ、その場合は大臣は自分で保管しませんから、その場合は秘書官なり、他の方なり、あるいは担当課が持っているものであれば、大臣がいつも保管しなくてはいけないものではないので」

 --そうすると、大臣が知らないのはおかしくないか

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング