産経ニュース

【前文科次官会見詳報(3)】前川喜平氏「私の(事務次官)辞職は誰に恨みを持つものでもなく、地位に恋々ともしていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【前文科次官会見詳報(3)】
前川喜平氏「私の(事務次官)辞職は誰に恨みを持つものでもなく、地位に恋々ともしていない」

記者会見の途中、弁護士と話す文科省の前川喜平前事務次官(左)=25日午後、東京・霞が関 記者会見の途中、弁護士と話す文科省の前川喜平前事務次官(左)=25日午後、東京・霞が関

 それから、私の退職、辞職の経緯は、誰に恨みを持つようなものでもなく、私は文科省のいわゆる天下り問題、再就職規制違反の問題について責任ある立場におりましたから、これは再就職等監視委員会からも違法行為を指摘されましたし、私自身も自分自身が行った違法行為、それから違法行為を行った職員に対する監督責任、そういったものが問われたわけでありまして。私が引責辞職したのは、自らの意思です。

 1月5日だったと覚えいますけれども、私の方から松野文科大臣に監視委員会の調査の状況、文科省としての対応の状況などをご報告した際に、かなり多くの処分が不可避です、こういった事態にいたったことについては私が責任を取らざるを得ないと思いますと。従って、責任ある形で、辞職させていただきたいと申し入れた記憶がございます。私の方が、大臣に。

 事務次官の辞職というのは勝手にはできない。辞職を承認する辞令をいただかなければならないので。辞職を承認していただきたいと私の方から大臣に申し上げた。大臣は慰留してくださいました。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング