産経ニュース

【国を守る覚悟】「現場で何が起きるかわからない」PKO活動 自衛官のリスク、国民にきちんと説明を

ニュース 政治

記事詳細

更新

【国を守る覚悟】
「現場で何が起きるかわからない」PKO活動 自衛官のリスク、国民にきちんと説明を

過酷な任務を終え、南スーダンPKOから自衛官らは無事帰国した 過酷な任務を終え、南スーダンPKOから自衛官らは無事帰国した

 安全保障関連法が成立し、自衛隊のPKO(国連平和維持活動)に関して「駆けつけ警護」などの新任務が付与され、「任務遂行型」の武器使用権限が認められるようになった。(夕刊フジ)

 大きな一歩だが、国連の「任務遂行型」は相手に対する先制危害射撃が可能なのに対し、自衛隊は「正当防衛」「緊急避難」を除いて、危害射撃も警告なしの致命射撃も認められていない。ここに本質的な違いがある。

 ところで、この「駆けつけ警護」は法律をつくる際に生み出された「独特な言葉」で、実は定義がない。あえて言えば、自衛隊が海外勤務の国連職員や他国のPKO部隊から救援を求められた場合、武器を使用して救援に向かうことだ。

 だが、安全保障関連法で国際平和協力法(PKO法)が改正される前までは、こうした行動は憲法が禁じる「武力行使」に当たるとされ、国連から求められても、してはいけないとされていた。

 PKOに派遣された自衛官は救援を求められた場合、それを拒否することはあり得ない選択であり、これが派遣される部隊長の悩みだった。

 これまでPKO派遣で類似の活動を経験している自衛隊の意見を聞き入れそれに応えたのが、「駆けつけ警護」などの新たな任務なのだ。

 だが、武器使用が法改正後も国連標準でないのには疑問が残る。

続きを読む

「ニュース」のランキング