産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】まもなく就任10カ月 「のり弁ののりが取れて、かなり見やすくなった」 情報公開で“自画自賛”

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
まもなく就任10カ月 「のり弁ののりが取れて、かなり見やすくなった」 情報公開で“自画自賛”

定例会見する小池百合子都知事=19日午後、都庁(佐藤徳昭撮影) 定例会見する小池百合子都知事=19日午後、都庁(佐藤徳昭撮影)

 「それから、さまざまな私の周りのお金の話ですね。前任者の方々が批判された部分などについては正してきたつもりでございます。それから議会でございますけれども、これについては、議会側がお決めになることではございますけれども、議会改革が緒に就いた、議員の皆様方もいろいろな改革に取り組もうとされていると思います。しかし、まだまだ、私自身はかなり改革ということで前進めているつもりでございますけれども、このスピード感が伴わないようでは困るということから、東京大改革は議会側も都庁側も同時に進めていくということであります。それから情報公開です。皆様方もいろいろと閲覧する中で、のり弁ののりが取れて、かなり見やすくなったのではないかと思います。つまり、見える化を進めてきたわけであります。議会の見える化も、あれだけ皆様が報道してくださる、関心が高まるということで、見える化が結果的に進んでいるということ、大きい効果があったと思います」

 「私の考え方でございますけれども、4年間この知事職にあるというのであるならば、まず1年目。今まさにその300日、よく数えていただきました。ありがとうございます。300日ということで言うならば、1年間の私のロードマップというのは、やはり、これまでの見直し。これまでの路線であったり、これまでの流れを、伝統としてしっかり守るものと大幅に変えるものと。こういう政権交代時でないとできないことというのは山ほどあるわけで、それに対しまして、過去の見直しと改革の頭出しをするということと、それから将来への種まきでございます。今日発表させていただいた、都のこれからの街としてのプランであったり、それから快適通勤『時差Biz』などというのは、まさしく、これから東京を働き方から変えていく」

続きを読む

このニュースの写真

  • まもなく就任10カ月 「のり弁ののりが取れて、かなり見やすくなった」 情報公開で“自画自賛”
  • まもなく就任10カ月 「のり弁ののりが取れて、かなり見やすくなった」 情報公開で“自画自賛”

「ニュース」のランキング