産経ニュース

【政治記者座談会(中)】気になる自民党「ポスト安倍」はやっぱりあの人 沈静化している派閥再編の動きもいずれは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政治記者座談会(中)】
気になる自民党「ポスト安倍」はやっぱりあの人 沈静化している派閥再編の動きもいずれは…

「ポスト安倍」候補の岸田文雄外相。4年後の自民党総裁選を狙う戦略を描いているとされるが… 「ポスト安倍」候補の岸田文雄外相。4年後の自民党総裁選を狙う戦略を描いているとされるが…

 記者C「確かに派閥再編の潮流に完全に取り残されている。おまけに、党内第2派閥にもかかわらず有力な『ポスト安倍』が育っていない。不満の矛先は額賀福志郎会長に向いており、『よそは新幹線なのにうちの会長はいまだに鈍行だ』といった声を何度も聞く」

 デスク「かつては『鉄の結束』を誇っていたのにな…」

 記者C「引退しても派閥に影響力のある青木幹雄元参院議員会長らが『初の女性首相に』と推していた小渕優子元経済産業相が政治とカネの問題で辞任したのが響いた。平成33年まで安倍政権が続くことを見越して、派閥副会長の茂木敏充政調会長を『その間に有力候補に押し上げたい』と意気込む幹部もいる」

 デスク「本当に?」

 記者C「他にいない、というのが実情だ。茂木氏本人も意欲はあるようだ。ただ、仕事ぶりへの評価は評価されているが、『下に対して厳し過ぎる』などの声が多い」

 デスク「結局『ポスト安倍は安倍』ということか」

 記者E「正直にいって今の状況では、誰も安倍首相を打ち負かすのは難しい。石破氏にとってのポイントは、次につながる戦い方ができるかどうかだ」

 キャップB「来年の総裁選は安倍首相と石破氏の一騎打ちになるのでは。ただ、石破氏が狙う地方票も、安倍首相が安定した政権運営を続けてきた今となっては、前ほど期待できないはずだ。石破氏の側近たちは『もっと若い議員と飯を食って』と石破氏をたきつけているが、なかなか腰が重いようで…」

続きを読む

「ニュース」のランキング