産経ニュース

【山本雄史の野党ウオッチ】民進党の支持率を上げる方法が見つかった!? 若手が地味に「党改革提言」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【山本雄史の野党ウオッチ】
民進党の支持率を上げる方法が見つかった!? 若手が地味に「党改革提言」

民進党の蓮舫代表=5月7日午後、東京都渋谷区の京王線笹塚駅前(奥原慎平撮影) 民進党の蓮舫代表=5月7日午後、東京都渋谷区の京王線笹塚駅前(奥原慎平撮影)

 民進党の支持率がなかなか上がらない。上がらないどころか、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4月15、16両日に実施した合同世論調査によると、支持率は6・6%にまで落ち込み、結党以来最低を記録した。そんな逆風が続くの中、若手議員有志が独自に8項目27ポイントからなる「党改革提言」をまとめ、注目を浴びている。内容をみると、党の問題点克服に向けた具体策がちりばめられており、実行すれば支持率アップにつなげることができそうだ。(※5月9日にアップされた記事を再掲載しています)

幹事長に直談判

 「ブーメランが予想される発言については、民主党出身ではない議員に担当させる」

 「蓮舫代表の料理教室などキャラクターに合わせたコミュニケーションプラン」

 国会内の控室で4月20日午後、野田佳彦幹事長と若手議員が向き合った。テーブルには、A4サイズの紙1枚にまとめた「若手議員による党改革提言」があった。冒頭に紹介したのはこの提言の一節である。

 若手有志は衆院当選3回の岸本周平氏、同2回で維新の党出身の井坂信彦氏ら7、8人で、いずれも当選3回以下。実は、彼らは4月5日、党改革提言を野田氏に提出していた。

 4月20日の面会は、この提言に対する野田氏の返答を聞くための場だった。面会は約45分間に及び、岸本氏は面会後、記者団に「野田氏からは『できることからやっていく』との回答があった。これからも時々押しかけていく」と説明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進党の支持率を上げる方法が見つかった!? 若手が地味に「党改革提言」

「ニュース」のランキング