産経ニュース

【天皇陛下譲位】与野党妥協の産物 民進配慮で「一代限り」譲った自民

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
与野党妥協の産物 民進配慮で「一代限り」譲った自民

天皇陛下の退位を実現する特例法案を閣議決定した首相官邸(手前左)。中央は国会議事堂。奥は皇居=19日午前(共同通信社ヘリから) 天皇陛下の退位を実現する特例法案を閣議決定した首相官邸(手前左)。中央は国会議事堂。奥は皇居=19日午前(共同通信社ヘリから)

 たしかに、お互いの主張を言いあっているばかりでは物事は前に進まない。陛下がご高齢であることも考慮せねばならないだろう。しかし、国の根幹に関わる譲位に関する特例法案までもが、その対象になることに疑問も湧く。

 特例法案は、皇室典範の付則に、特例法と皇室典範が「一体を成すものである」との根拠規定を置く。これも譲位の恒久制度化に向けて皇室典範の抜本的な改正を求めた民進党などへの配慮だった。

 皇室典範は日本国憲法と同じ昭和22年5月3日に施行された。今回の典範の改正は組織変更に伴い「宮内府」を「宮内庁」に変えた24年以来となる。戦前の旧皇室典範は大日本帝国憲法と同格の扱いだった。

 今後、譲位が定着するのかしないのか。予見はできないが、今回妥協を重ねたことが、今後の安定的な皇位継承問題での議論や法整備で前例となれば、将来に禍根を残すことにもなりかねない。(酒井充)

「ニュース」のランキング