産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】韓国の方が歴史問題を直視せよ 次は徴用工問題…日本は事実を主張し続けよ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
韓国の方が歴史問題を直視せよ 次は徴用工問題…日本は事実を主張し続けよ

文喜相・韓国大統領特使団長(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=18日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 文喜相・韓国大統領特使団長(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=18日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 実は産経は、これらについて少なくとも過去3回報じてきたが、せっかくなのでおさらいしたい。

 朝日の記事は「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」「戦時徴用は245人」との見出しで、外務省の報道発表に基づき、こう記している。

 「韓国側などで『在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要になったため送還するのだ』との趣旨の中傷を行っている」

 「在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている」

 また、高市氏は外務省が当初は「そんなに古い資料はもうない」としていた記事の元資料を探させて、質問を行ったものである。

 資料は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人について「いちいち渡来の事情を調査した」結果をまとめたもので、次のように明確に指摘している。

 「第2次大戦中内地に渡来した朝鮮人、現在日本に居住している朝鮮人の大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、右は事実に反する」

 「(在日朝鮮人で)国民徴用令により導入されたいわゆる徴用労務者の数はごく少部分である。かれらに対しては、当時、所定の賃金等が支払われている」

続きを読む

「ニュース」のランキング