産経ニュース

【憲法改正】安倍晋三首相の改憲提案めぐり与野党激突、対立鮮明に 衆院憲法審

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
安倍晋三首相の改憲提案めぐり与野党激突、対立鮮明に 衆院憲法審

衆院憲法審査会に臨む民進党の辻元清美氏=18日午前、衆院第18委員室(斎藤良雄撮影) 衆院憲法審査会に臨む民進党の辻元清美氏=18日午前、衆院第18委員室(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条改正と2020(平成32)年の施行への意欲を表明してから初めての衆院憲法審査会が18日、開かれた。民進党などは猛批判した一方、自民党は停滞する改憲議論に一石を投じた首相を評価。与野党がさっそく激突し、改憲をめぐる対立の構図が鮮明になった。

 この日のテーマは「国と地方のあり方」に関する意見表明と自由討議だったが、野党が主眼に置いたのは首相の提案だった。口火を切ったのは民進党の中川正春氏だった。

 「国会の立法権を著しく侵害すると同時に議事の混乱を引き起こす行為だ」

 こう訴えるとともに、首相への厳重抗議と発言撤回要求を審査会として決議するよう提案した。共産、社民両党も首相を批判した。

 民進党の辻元清美氏は「首相は自衛隊が違憲といわれる余地をなくすべきだというが、安全保障法制のときに9割の憲法学者が憲法違反と言ったのに強行採決した。都合のいいときに立憲主義を持ち出すのはご都合主義だ。改憲を論じる資格はない」と反発した。

続きを読む

「ニュース」のランキング