産経ニュース

加計学園問題で民進・蓮舫代表「内閣総辞職に値」 野党攻勢、与党は静観の構え

ニュース 政治

記事詳細

更新


加計学園問題で民進・蓮舫代表「内閣総辞職に値」 野党攻勢、与党は静観の構え

厳しい表情で記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午前、国会 厳しい表情で記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午前、国会

 一方、政府・与党は静観の構えをみせる。菅官房長官は18日の記者会見で「出元も分からない」と文書の信頼性に疑問を呈し、首相の関与も否定した。公明党の漆原良夫中央幹事会会長は「裁判でも文書を出す側が真正を証明、立証する」と述べ、真偽を一方的にただすばかりの野党を牽制(けんせい)した。

 学校法人「森友学園」問題への関心が低下する中、加計問題は首相を追及する格好の材料だ。6月18日の国会会期末が迫る中、野党は衆参予算委員会で集中審議も求める構え。攻防の行方によっては政府・与党による会期延長の判断にも影響しそうだ。(奥原慎平)

「ニュース」のランキング