産経ニュース

【政治デスクノート】あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

東日本大震災の被害に関する自身の発言について陳謝する今村雅弘復興相=4月25日、東京都千代田区 東日本大震災の被害に関する自身の発言について陳謝する今村雅弘復興相=4月25日、東京都千代田区

 この十数年、永田町を取材してきて、数々の政治家の失言、暴言に接してきた(※文末参照)。なぜ国会議員の失言はなくならないのか。口に出せば“炎上”することは火を見るより明らかなのに…。

 かつての失言は「貧乏人は麦を食え」「バカヤロー」のように国会で飛び出すことが多かったようだが、最近は、国会で丁々発止の末にカッとなって…という《瞬間湯沸かし器》型の失言はみられない。多くが《うっかり本音》型と《ウケ狙い》型に分けられる。

 《うっかり本音》型は確信犯的な発言もあるが、不特定多数を相手にした講演会などで口を突いて出るケースが目立つ。「東北で良かった」「がんは学芸員」などがそうだった。普段の国会論戦で官僚の用意した想定問答を頼りにしているせいか、アドリブの多い講演会などで、ついうっかり本音が出てしまうようだ。

 明治大学の斎藤孝教授は著書『余計な一言』(新潮新書)で、こう指摘している。

 「政治家に求められる資質として、『話したくても話してはいけないことを、話さずに我慢できる』という精神的な強さも含まれているはずです。本音を言ってスッキリする職業ではなく、むしろ逆なのです。もしもどうしても吐き出したいのならば、家庭など完全に秘密の守れる場でやるべきです」

 そんな《うっかり本音》型の中でも厄介なのが、無意識に出た本音だ。失言したことが自分で理解できず“炎上”してから火消しに追われる。自分が正しいと思っていることだから、発言を訂正せず「世間を騒がせたことを遺憾に思う」などと釈明する。その結果、傷口を広げることも多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

「ニュース」のランキング