産経ニュース

【眞子さまご婚約】女性宮家論議加速も、皇室の伝統変えかねない懸念

ニュース 政治

記事詳細

更新

【眞子さまご婚約】
女性宮家論議加速も、皇室の伝統変えかねない懸念

「歌会始の儀」に出席された秋篠宮家の長女眞子さま=1月13日、宮殿・松の間 「歌会始の儀」に出席された秋篠宮家の長女眞子さま=1月13日、宮殿・松の間

前のニュース

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの婚約に向けた準備が進められていることが判明したことで、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家創設を含め、政府の皇位の安定的継承に関する議論が加速しそうだ。

 ただ、女性宮家に関しては将来の女系・女性天皇への道を開き、125代の現天皇陛下まで一度の例外もなく父方の系統に天皇を持つ男系で紡がれてきた皇室の伝統を、変えかねないとの懸念も指摘される。

 政府が初めて本格的に皇族減少問題に取り組んだのは、小泉純一郎内閣の時だ。当時、男性皇族が40年誕生しなかった状況を受け、小泉氏が平成17年に有識者会議を設置した。

 会議は、女系天皇と女性天皇を容認し、女性皇族が結婚後も皇族の身分を保つ女性宮家創設を容認する内容の報告書をまとめた。小泉氏は皇室典範改正案の国会提出に意欲を示したが、翌18年に、秋篠宮妃紀子さまが悠仁さまを懐妊されたことで提出は見送られた。

 24年10月には、野田佳彦内閣が有識者のヒアリングを基に女性宮家の創設を柱とする「論点整理」を公表。だが、同年12月の衆院選で自民党に政権交代したことで白紙に戻った。

続きを読む

関連サイト

眞子さま、ご婚約へのニュース

眞子さま、ご婚約への写真

  • 【眞子さまご婚約】女性宮家論議加速も、皇室の伝統変えかねない懸念
  • 【眞子さまご婚約】政界からも祝福の声相次ぐ 『女性宮家創設』に蓮舫氏「早く結論を」、公明幹部は「政治利用と言われる」
  • 【眞子さまご婚約】ご結婚時に一時金
  • 【眞子さまご婚約】女性皇族の嫁ぎ先、ほとんどが旧家
  • 【眞子さまご婚約】「同級生と恋愛、うれしい環境」友人ら祝福
  • 【眞子さまご婚約】海外メディアも報道「同級生がプリンセスの心つかんだ」
  • 【眞子さまご婚約】公明幹部「『女性宮家』議論と切り離しを」
  • 【眞子さまご婚約】「納采の儀」で正式決定
  • 【眞子さまご婚約】「正式に決まれば心から喜びたい」 山本信一郎宮内庁長官
  • 【眞子さまご婚約】民進・蓮舫代表「国民の一人としてお喜び申し上げる」 女性宮家の議論「期限切り結論出すべき」
  • 【眞子さまご婚約】ご結婚なら皇室は18人に
  • 【眞子さまご婚約へ】「おめでとうございます」関西からも祝福の声

関連トピックス

「ニュース」のランキング