産経ニュース

【東京都議選】「勝たなければ憲法改正に影響」 自民・下村博文幹事長代行

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都議選】
「勝たなければ憲法改正に影響」 自民・下村博文幹事長代行

東京都議選に向けた自民党都連の総起大会であいさつする下村博文会長。右から3人目は菅官房長官=13日午後、東京・永田町の党本部 東京都議選に向けた自民党都連の総起大会であいさつする下村博文会長。右から3人目は菅官房長官=13日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の下村博文幹事長代行は13日、安倍晋三首相(党総裁)が掲げた2020(平成32)年の改正憲法施行について、7月の東京都議選の結果が影響を与えるとの見方を示した。党本部で記者団に「自民党は都連も含めて一体だ。総裁の下、都議選で勝たなければ2020年の憲法改正に大きく影響する」と述べた。下村氏は党都連会長も務める。

 過去の都議選の結果が、その後の政権運営や国政選挙に波及する例があったことが念頭にあるとみられる。下村氏は、首相が改憲項目として想定しているのは、9条への自衛隊明記や教育無償化のほか、大災害時の緊急事態条項だと説明した。

このニュースの写真

  • 「勝たなければ憲法改正に影響」 自民・下村博文幹事長代行

「ニュース」のランキング