産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」

会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=12日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=12日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「そこで、その1つとして、女性の発想を生かした防災のノウハウを掲載した新たな防災ブックを作成をするというお知らせでございまして、その内容を検討していただく母体といたしまして、『『女性視点の防災ブック』編集・検討委員会』を立ち上げます。第1回は5月17日(水曜)を予定いたしております」

 「この委員会におきましては、専門家、雑誌の編集者、子育てママの視点で防災対策に取り組んでいる方など、各分野で活躍しておられる女性の皆さんにお集まりをいただきまして、内容についてご検討いただくということであります。当日、私も出席をいたしまして、新たな防災ブックに求めることや、液体ミルクの備蓄・活用などについて意見交換もさせていただきたいと思います」

 「それから、もう1つございまして、『女性の視点からみる防災人材の育成検討会議』も設置をいたします。そして、災害時の女性のニーズにきめ細かく対応するためには女性の声を防災活動に反映するということから、女性のリーダーというのが不可欠でございます」

 「そこで、地域防災の専門家、現場で活躍されている方々にお集まりいただきまして、女性リーダーの育成方法や、地域での活動方法について検討をいたします。こうした取組を通じまして、防災分野での女性の活躍を推進してまいるということでございます。こちらは、担当は総務局でございますので、そちらで詳細をお聞きください」

 「それから、次でございますが、『賑わいと自然あふれる海辺を目指して』と題します『海上公園ビジョン』を初めて取りまとめましたので、そのお知らせでございます。この海上公園というのは、都民の皆さんが、海辺でレクリエーションやスポーツが楽しめるというように、都が東京港の埋立地に整備してきた公園、いくつかございます」

 「その海上公園の多くが、大体2020年のオリンピック・パラリンピック大会の会場になったり選手村などのエリアになるわけでございまして、これを契機として、施設のリニューアル、そして運営の充実・強化を進めていくため、その指針を設けようというものでございます。題して、『海上公園ビジョン』ということで策定をいたしました」

 「ポイントでございますけれども、生物多様性の保全など、自然環境面での取組の強化、それから、臨海地域における新たな賑わいを創出するという、この2つのポイントになるわけでございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」
  • 五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」
  • 五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」
  • 五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」

「ニュース」のランキング