産経ニュース

【憲法施行70年】公明・遠山清彦氏「首相の改憲メッセージは加憲アプローチに合う」 民間憲法臨調の公開フォーラム(1)

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法施行70年】
公明・遠山清彦氏「首相の改憲メッセージは加憲アプローチに合う」 民間憲法臨調の公開フォーラム(1)

「第19回公開憲法フォーラム」シンポジウムで壇上した遠山清彦(公明党憲法調査会事務局長)=3日午後、東京・平河町(宮川浩和撮影) 「第19回公開憲法フォーラム」シンポジウムで壇上した遠山清彦(公明党憲法調査会事務局長)=3日午後、東京・平河町(宮川浩和撮影)

 憲法改正を目指す有識者らでつくる「民間憲法臨調」(櫻井よしこ代表)などは3日、東京都内で公開憲法フォーラムを開いた。安倍晋三首相が自民党総裁としてビデオメッセージを寄せ、憲法9条改正と2020(平成32)年の施行を目指すと表明した。

 公明党の遠山清彦衆院議員(公明)の発言は以下の通り。

 衆院憲法審査会は(今国会では)今日までに5回開くことが決まっていたが、そのうち2回は他の国会の事情で延期になった。他の委員会の事情で国会が不正常になったので流会にしたいという話が(民進党から)あり、流れた。

 国会の中で1つの委員会だけが政局にかかわらず開かれている。それは情報監視審査会だ。憲法審査会も政局から独立させ、安定的に議論できるようにすべきだ。

 公明党は「加憲」という立場を取っている。今の憲法は戦後民主主義の発展の礎で、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3大原理は堅持すべきだという立場を明確にしている。

 だが、制定から70年たち、国内外の情勢が大きく変わっている。憲法も法規範である以上、新しい時代に対応した改正があってしかるべきだというのがわが党の立場であり、この立場からどういう条項が必要なのか検討してきている。

続きを読む

「ニュース」のランキング