産経ニュース

【憲法施行70年】安倍晋三首相が改憲に強い意欲 9条に自衛隊明記 教育無償化にも前向き

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法施行70年】
安倍晋三首相が改憲に強い意欲 9条に自衛隊明記 教育無償化にも前向き

憲法改正を訴える会合に寄せられた安倍首相のビデオメッセージ=3日午後、東京都千代田区 憲法改正を訴える会合に寄せられた安倍首相のビデオメッセージ=3日午後、東京都千代田区

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、改憲派の集会にビデオメッセージを寄せ、憲法改正について「2020(平成32)年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べた。

 首相は同党総裁としてのメッセージだと断った上で「国の未来像について、憲法改正の発議案を国民に提示するため、『具体的な議論』を始めなければならない」とし、衆参両院の憲法審査会の議論促進を訴えた。

 特に憲法9条に関し、「『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」とし、「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は、国民的な議論に値するのだろう」とし、自衛隊の存在を明記したいと表明した。

 また、「高等教育についてもすべての国民に真に開かれたものとしなければならない」と述べ、日本維新の会などが提案している教育無償化を盛り込むことににも前向きな考えを示した。

 集会は、憲法改正を目指す有識者らでつくる「民間憲法臨調」(櫻井よしこ代表)などが東京都内で開催した。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相が改憲に強い意欲 9条に自衛隊明記 教育無償化にも前向き

関連ニュース

「ニュース」のランキング