産経ニュース

【日露首脳会談】ロシアが福島第1原発廃炉に協力 北方領土への官民調査団、5月にも派遣

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日露首脳会談】
ロシアが福島第1原発廃炉に協力 北方領土への官民調査団、5月にも派遣

首脳会談後の共同記者発表で握手する安倍晋三首相(左)とプーチン露大統領=27日、モスクワ・クレムリン(AP) 首脳会談後の共同記者発表で握手する安倍晋三首相(左)とプーチン露大統領=27日、モスクワ・クレムリン(AP)

 【モスクワ=石鍋圭】安倍晋三首相は27日午後(日本時間同日夜)、クレムリン(大統領府)でプーチン露大統領と会談した。会談後の共同記者発表で、プーチン氏は「日本は重要な将来性のあるパートナーだ」と強調。東京電力福島第1原発の廃炉作業で協力する用意があると明言した。安倍首相は「新しいアプローチを通じ、両国国民間の信頼を増進させ、2人の間で平和条約を締結したい」と表明した。

 両首脳は昨年12月の山口・長門会談で合意した北方領土の共同経済活動の実現に向け、官民による現地調査団を5月中にも派遣することで合意。プーチン氏は共同経済活動で優先的に進める事業のリストを作ることで合意したと述べた。

 択捉、国後両島への墓参などを目的とする元島民の往来では、船舶による移動手段に航空機を追加。6月中に実施する。入域手続きを国後島の古釜布(ふるかまっぷ)沖以外にも広げ、歯舞群島付近にも設けることを確認した。プーチン氏は、サハリン-北海道間の天然ガス供給や海底送電線敷設による電力供給を提案した。

 安倍首相とプーチン氏の会談は通算17回目。両首脳は、安倍首相が昨年5月に提案した8項目の経済協力プランに基づき、中小企業や人的交流の拡大に関する成果文書に署名。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング