産経ニュース

【天皇陛下譲位】「譲位」有識者会議、与野党反応 下村博文・自民党幹事長代行「考えられるベスト」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
「譲位」有識者会議、与野党反応 下村博文・自民党幹事長代行「考えられるベスト」

天皇陛下の譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(第13回)の会合に臨む座長の今井敬経団連名誉会長(右から2人目)ら=4月13日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 天皇陛下の譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(第13回)の会合に臨む座長の今井敬経団連名誉会長(右から2人目)ら=4月13日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 与党は21日、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)がまとめた最終報告に関し、天皇陛下一代限りの譲位実現に向けて「考えられるベストに近い」(下村博文・自民党幹事長代行)と評価した。最終報告を踏まえ政府が提出する特例法案については、今国会での成立に万全を期す構えだ。

 自民党の二階俊博幹事長は、記者会見で「退位は最重要課題の一つだ。静かに議論していく」と強調した。下村氏は党本部で記者団に「侃々諤々(かんかんがくがく)の議論はせず、できるだけスムーズに決まることを期待したい」と語った。

 公明党の井上義久幹事長は会見で「法案の策定に当たっては、国会における議論をしっかりと踏まえてもらいたい」と述べ、衆参両院の正副議長が3月にまとめた国会見解を十分に反映させるよう政府に求めた。

                   

 ■又市氏「女性宮家なく残念」

 野党からは、有識者会議の最終報告を踏まえた政府の特例法案について、国会見解の内容を正確に反映させるよう求める声が相次いだ。

 民進党の江田憲司代表代行は記者会見で「国会見解をないがしろにすることはあり得ない」と強調した。「政府の特例法案が国会見解に沿ってないのに、与党が黙認するならば、首相官邸の独裁を象徴する事例になる」と反発した。

 共産党幹部は「与野党が苦労して取りまとめた国会見解が特例法案にきちんと盛り込まれるか注目している」と語った。

 社民党の又市征治幹事長は談話を発表し、最終報告を「退位を今の天皇だけの問題にしようという意図が明白だ」と非難した。その上で「女性宮家の創設に触れていないのは残念だ」と指摘した。

「ニュース」のランキング