産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影) 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影)

 【質疑応答】

 --快適通勤プロモーション協議会について。知事選のときに、2階建て通勤電車の導入促進なんて話もあったが、満員電車をゼロにするために、具体的にやりたいことがあれば教えてほしい

 

 「技術論と、それから、システム論と、意識論と、それぞれあるかと思います。2階建ての電車というのは技術論の1つですが、コストが非常に高いということがございます」

 「それから、システム論では、信号の精度、このスパンを短くすることによって、より多くの本数を走らせることができる。それから、もっと単純に言えば、プラットホームをもう少し長くして、1両付けるとか、いろいろございます」

 「意識論という点で言うならば、皆さんの、例えば企業や働き方を変えていくということで、フレックスタイム制度によって、朝、早出をした人は早く帰れるということで、両方、行きも帰りも、ラッシュアワーを避けられると。ですから、企業としてそういう制度を導入しておられる、例えば私の記憶しているところでは伊藤忠商事などはですね、早く出てきた方には朝食が付きますという制度で効率もよくなっていると。利益も上がるというようなところがございますよね。ですから、非常に総合的な話になってくると思います」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング