産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影) 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影)

 「2番目、入札契約制度の改革でございまして、業界の団体の方々からヒアリングを行うことといたします。この点でのお知らせでございます。これまで都政改革本部におきまして、都の公共調達が真に都民の利益にかなっているのか、ワイズスペンディング(賢い支出)の観点、都民ファーストの視点に立ちまして、入札契約制度の改革について議論を重ねてまいりました」

 「そして、3月末に改革案を取りまとめておりまして、今後、試行を開始するという、その時点に当たりまして、私自身、業界団体の方々から直接お話を伺う機会を設けるというものでございます。以前から私のところには、特に建設関係の方々から、ぜひ、中小の零細企業も何とか生き残れるような方策を考えてほしいといったご要望もいただいてまいりました。そして、建設業に限らず、都内の産業の発展の鍵、これは都内企業の99%を占めます中小企業に他ならないわけでございます」

 「今回のヒアリングを通じまして、中小の建設会社などで構成されます業界団体、そのほかの産業の関係でも、中小の団体などもございますので、そういったところにも耳を傾けて、そしてこの試行を円滑に進めるため、また、その先の本格的な実施に生かすために、公共工事の現場の貴重な声を伺ってまいりたいと考えております」

 「日程についてですけれども、5月中旬で調整を行っております」

 「そして、公共工事などに携わられる事業者から構成されます業界団体、25団体程度を、それぞれ業態別にグループに分けます。そして、その上でご意見を伺う予定といたしております」

 「今回のヒアリングにつきましても、その模様はメディアの皆さんにもオープンとさせていただき、インターネット中継を活用しまして、都民にもその旨を公開するということといたしております。それぞれ15分から20分、30分といったような長さになろうかと思います」

続きを読む

「ニュース」のランキング