産経ニュース

【衆院区割り審】「また地方の声が届きにくくなる」削減対象県の議員ら恨み節

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院区割り審】
「また地方の声が届きにくくなる」削減対象県の議員ら恨み節

選挙区の区割り改定案の勧告を受け、あいさつする安倍晋三首相(右から2人目)。右端は小早川光郎会長=19日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影) 選挙区の区割り改定案の勧告を受け、あいさつする安倍晋三首相(右から2人目)。右端は小早川光郎会長=19日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 ■自民党・細田博之総務会長「非常に厳しい10減だが、自公連立政権も合意して定数削減を行うと決めた。区割り審の判断に委ねたのだから(関連法案は)国会を通す努力をする」

 ■自民党・古屋圭司選対委員長「区割りの影響を克服するのが大切だ。候補者調整は県連などに意見を聞き、丁寧かつ速やかに対応する」

 ■公明党・北側一雄副代表「勧告内容は尊重しなければいけない。区割りの関連法案を早く成立させて、新しい区割りでの衆院選が筋だ」

 ■民進党・馬淵澄夫選対委員長「広大な選挙区が新たに生じる。地方の切り捨て(の是非)が問われてくる」

 ■共産党・小池晃書記局長「小選挙区制の弊害が出た。行政区も生活圏も無視した複雑怪奇な区割りで、賛成できない」

 ■社民党・又市征治幹事長「投票価値の平等に真正面から応えるにはほど遠い。小選挙区比例代表並立制に限界がある」

「ニュース」のランキング