産経ニュース

【衆院区割り審】「また地方の声が届きにくくなる」削減対象県の議員ら恨み節

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院区割り審】
「また地方の声が届きにくくなる」削減対象県の議員ら恨み節

選挙区の区割り改定案の勧告を受け、あいさつする安倍晋三首相(右から2人目)。右端は小早川光郎会長=19日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影) 選挙区の区割り改定案の勧告を受け、あいさつする安倍晋三首相(右から2人目)。右端は小早川光郎会長=19日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 区割り改定案で定数6減対象の県選出議員らは19日、「地方の声が届きにくくなる」などと訴えた。

 【青森】

 ■江渡聡徳県連会長(自民、2区)「全4区の選挙区で当選している4人が引き続き議員バッジを着けていられるような体制をつくりたい」

 【岩手】

 ■藤原崇氏(自民、比例東北)「今回の勧告でまた地方の声が届きにくくなるのは、忸怩たる思いがある。私としては地域のために仕事をするつもり。その志は今も変わっていない」

 ■小沢一郎代表(自由、4区)「岩手のこと? 天下のことじゃないのか。地方は人口が減り、代表者の数も少なくなってくる。東京一極集中を排除する統治機構改革を断行する必要がある」

 ■黄川田徹氏(民進、3区)「私だけでは決められない。党本部で候補者調整とかを進める。これからだ。(小沢氏と戦うことは?)分からない」

 【三重】

 ■田村憲久県連会長(自民、4区)「選挙区が減っても地元の声を届けられるよう、現職議員の4人が次も現職でいられるようにしたい。私の選挙区は分割され、次の衆院選で応援していただくことができない人たちが出てくる。大変残念だ」

続きを読む

「ニュース」のランキング