産経ニュース

【衆院区割り審】衆院選挙区「0増6減」を勧告 19都道府県、97選挙区見直し 32年、一票の格差1・999倍に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院区割り審】
衆院選挙区「0増6減」を勧告 19都道府県、97選挙区見直し 32年、一票の格差1・999倍に

衆院の定数と区割りの変更 衆院の定数と区割りの変更

 今回の改定が適用されると、定数は選挙区が295から289に、比例代表が180から176になり、衆院定数は475から465になる。格差を2倍未満にするため、複数の選挙区にまたがる自治体が現在の88から105となった。

 新たな区割りは一定の周知期間が必要とされ、前回25年の改定では改正公選法など関連法の成立から約1カ月後に施行された。今回の新たな区割りが実際に適用されるのは今年夏以降になるとみられる。

「ニュース」のランキング