産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】長島昭久氏離党は蓮舫・民進党瓦解の引き金 「保守」を名乗る議員は後に続くべきだ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
長島昭久氏離党は蓮舫・民進党瓦解の引き金 「保守」を名乗る議員は後に続くべきだ

記者会見する民進党の蓮舫代表=東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 記者会見する民進党の蓮舫代表=東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 「ネットが一番つらい」

 民進党の野田佳彦幹事長はインターネット上で民進党への批判が強いことについて、「われわれに非常に厳しく(自民に)非常に甘い状況が生まれている」と嘆いたそうだが、認識が誤っている。

 NHKが10日に伝えた世論調査の結果、民進党の支持率はわずか6・7%、これが現実だ。

 北朝鮮ミサイルや核開発問題で、もはや国難とも言える状況の中、「テロ等準備罪(組織的犯罪処罰法改正案)」成立によって一億監視社会になるとか、「森友問題」やら「教育勅語」への難癖やらを優先する政党に、国民はあきれ果てているのだ。

 民進党の長島昭久元防衛副大臣=衆院比例東京=が10日、離党届を提出した。長島氏は会見で「決意した最大の理由は、保守政治家として譲れない一線を示す、この一点であります」と切り出し、「共産党と共闘する党方針は受け入れがたい」と説明した。

 もっとも「保守政治家」を標榜する長島氏が、いままで在籍したこと自体不思議ではある。

 蓮舫代表は「なぜ今この時期なのか、いろいろと分からないこともある」と述べたそうだが、長島氏は都連幹事長を務めており、当然、7月の都議選も視野に入れた動きと見られる。

 民進党は「重大な反党行為」として除籍処分とする方針だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング