産経ニュース

安倍晋三首相、陸自駐屯地で訓示「いかなる事態にあっても国民の生命、財産を断固として守り抜く」

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、陸自駐屯地で訓示「いかなる事態にあっても国民の生命、財産を断固として守り抜く」

 安倍晋三首相は14日、熊本市の陸上自衛隊健軍(けんぐん)駐屯地で、西部方面総監部の隊員に訓示した。北朝鮮の核・ミサイル開発について「深刻さを増している」との認識を示し、「いかなる事態にあっても国民の生命、財産を断固として守り抜く」と強調した。

 首相は中国軍機を念頭に「南西方面で外国軍機による領空接近も増加している」と指摘し、「テロの脅威は世界に拡散し、多様化している」と述べた。

 自衛隊の任務について「わが国の揺るぎない意思と能力を、周辺諸国をはじめ世界に示すものであり、抑止力として大きな力となっている」と激励した。熊本地震の被災者の救援や復興などの活動についても言及し、「危険を顧みず、被災者に寄り添い、全力を尽くした」とたたえた。

「ニュース」のランキング