産経ニュース

【天皇陛下譲位】秋篠宮さまに「皇嗣」使用は可能 宮内庁が説明、皇位継承順位1位を明確化

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
秋篠宮さまに「皇嗣」使用は可能 宮内庁が説明、皇位継承順位1位を明確化

4日に開かれた「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(第11回)の会合に臨む、座長の今井敬経団連名誉会長(右)ら=首相官邸(斎藤良雄撮影) 4日に開かれた「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(第11回)の会合に臨む、座長の今井敬経団連名誉会長(右)ら=首相官邸(斎藤良雄撮影)

 政府は13日午前、天皇陛下の譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第11回(4日)と第12回(6日)の議事概要を首相官邸のホームページで公表した。12回会合では、宮内庁から、皇太子、徳仁さまのご即位にあたり、秋篠宮さまが皇位継承順位1位であること明確にするため、「皇嗣(こうし)」を使って「秋篠宮皇嗣殿下」「皇嗣秋篠宮殿下」「皇嗣殿下」と称することは「十分可能」と説明していたことがわかった。有識者メンバーからの質問に答えたもの。

 ただ、有識者からは、「『皇嗣』は一般にあまり認識されていないので、今後、意味を国民にきちんと説明していくことが重要」などと、「皇嗣」の周知が必要になるとの指摘が相次いだ。

 天皇陛下が譲位された後の、皇后さまの称号については、昭和天皇の崩御を受け、香淳皇后が皇太后になられた事例が出され、「未亡人であるという意味を印象的事実として国民に与えている」の指摘や、「夫婦の単位で行動されてきたのに、夫婦でありながら『皇太后』になるのは適当ではない」などの意見があった。皇太后に代わる称号については「上皇のお后として『上皇后』もあり得るのではないか」との声もあった。

「ニュース」のランキング