産経ニュース

民進の“バラバラ感”に社民・又市征治幹事長もあきれ顔 「同じことが繰り返し起こっている…」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進の“バラバラ感”に社民・又市征治幹事長もあきれ顔 「同じことが繰り返し起こっている…」

社民党の又市征治幹事長(古厩正樹撮影) 社民党の又市征治幹事長(古厩正樹撮影)

 社民党の又市征治幹事長は11日の記者会見で、民進党の細野豪志代表代行が蓮舫代表の方針と異なる憲法改正私案を発表した件に絡み「民進党は政策の問題をとことん議論して意思統一をすべきだ。同じことが繰り返し起こっている感じがする」と述べ、「お家芸」の党内不一致に苦言を呈した。

 又市氏は、民進、社民など4野党の選挙協力について、「政策合意をしなければならないときに、『党の一部にこういう意見があってまとまらないから』と(民進党が)言って、協議が進まないことがある。大枠の政策の問題をもっとしっかり議論して、野党4党の政策をリードするくらいの努力をしてもらいたい」とも語った。

 民進党へ離党届を提出した長島昭久元防衛副大臣に関しては「共産党(への忌避感)を口実に、野党共闘を否定している」と批判した。

このニュースの写真

  • 民進の“バラバラ感”に社民・又市征治幹事長もあきれ顔 「同じことが繰り返し起こっている…」

「ニュース」のランキング