産経ニュース

古賀誠氏 7月の都議選と衆院選の同日選「選択肢として考えるべき」

ニュース 政治

記事詳細

更新


古賀誠氏 7月の都議選と衆院選の同日選「選択肢として考えるべき」

 自民党岸田派名誉会長の古賀誠元自民党幹事長は10日夜のBS日テレ番組で、7月2日投開票の東京都議選と衆院選の「ダブル選挙」が選択肢としてあるべきだとの考えを示した。

 古賀氏は大阪市の学校法人「森友学園」をめぐる問題などを念頭に「政権は長くなると、おごりが出て、緩みが出てくる」と語った。その上で「危機管理能力を最大限に発揮する最後の手段は衆院の解散だ。大義や勝敗も十分考えなければいけないが、都議選との同時選挙は選択肢の一つとして十分考えるべきだ」と述べた。

「ニュース」のランキング