産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「当たり前のように立っている電柱にストップをかける」 無電柱化条例案の概要公表

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「当たり前のように立っている電柱にストップをかける」 無電柱化条例案の概要公表

定例会見を行う、小池百合子都知事=31日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=31日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「そして、二つ目のご質問でありますが、戦略本部のタイトルが示すように、『市場のあり方』といたしました。実はこの市場の中央卸売市場ということについては、11ございますけれども、それぞれの市場の最近の動きなどを、東京都卸売市場整備計画(第10次)にまとめたところでございますが、これについてはその中の記述で、築地、そして豊洲の問題がある中での、一種、暫定的というような形で計画を出した、公表をいたしたと、このように記憶いたしております」

 「よって、これからの市場のあり方というのは、点としての豊洲であったり、点としての築地というのではなくて、やはり東京都として、今後の市場のあり方を考えていくということ、これを目指していきたいと考えております。よって、この豊洲、築地だけではございませんで、広く物流も考えるという機会にしたいと思います」

 「また、私は、これはいい機会だと思いますし、そういったことを踏まえずに総合的な判断というのは、実は下せないと思っております。ですから、『鳥の目』と『虫の目』と両方持っていくという観点で、この戦略本部というのを立てたところでございます」

 --先ほどの五輪の費用負担の関連だが、国に対して一定程度の費用負担を求めていくということか

 「基本的に道路であったり、それから、それぞれ他の自治体に会場が既にあるところが多いわけです。しかしこの際、車線をもう一つ増やそうではないかといったようなことなども出てくるわけでございまして、そこを誰が負担するのですかという話になるわけであります。仮設はそもそも組織委員会ということに、もうこれはもともとそうなっております。一方で、組織委員会のこの財政ということは、5000億円、それから、最近はそこにプラスアルファということで、できるだけ組織委員会の収入が増えるように、東京都も心配りができるようにしたいと思っておりますが、そういった中で、東京都として大会を成功させるために、開催都市として、まずしっかりとその責任は果たしていこうと」

続きを読む

「ニュース」のランキング