産経ニュース

パチンコ出玉規制、馬券購入に上限 ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議が論点整理

ニュース 政治

記事詳細

更新


パチンコ出玉規制、馬券購入に上限 ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議が論点整理

ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議に臨む、菅義偉官房長官(左)と塩崎恭久厚労相=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議に臨む、菅義偉官房長官(左)と塩崎恭久厚労相=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法が昨年12月に施行されたことを受け、政府は31日、ギャンブル依存症対策に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、競馬や競輪などの公営ギャンブルやパチンコについて、本人や家族の申告による利用制限などを盛り込んだ論点整理を取りまとめた。

 議長の菅義偉官房長官は「必要な対策を徹底的、そして包括的に講じていく必要がある」と強調した。政府は今夏までに具体的な対策や実施方法を取りまとめる方針だ。

 論点整理ではパチンコについて、出玉規制の基準見直しや、利用者家族からの申告で使用上限額を設定できるパチンコ台の普及の必要性が盛り込まれた。競馬やモーターボートレースでは、一部の場内や場外に設置されている現金自動預払機(ATM)のキャッシング機能廃止のほか、インターネットを通じた勝馬投票券(馬券)などの購入に上限金額を設けることも検討する。

 一方、厚生労働省は平成28年度に成人2200人を対象として実施した調査で、回答した993人のうち、最近1年以内にギャンブル依存症の状態だったと疑われる成人は全国で0.6%いると推定した。

「ニュース」のランキング