産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「早実勝ち上がった」 豊洲、総合的判断で「市場のあり方戦略本部」 五輪PRバッジをマグネットに 「英語を楽しく使って人生を豊かに」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「早実勝ち上がった」 豊洲、総合的判断で「市場のあり方戦略本部」 五輪PRバッジをマグネットに 「英語を楽しく使って人生を豊かに」

定例会見を行う、小池百合子都知事=24日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=24日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「もっと分かりやすい例で言うと、ピコ太郎さんが何であれだけ世界中で再生回数が多いかといったら、あれ、『I have a pen.』が、とにかく英語であるということが一番大きなゲートウェイを開いたのではないでしょうか。ということで、是非この英語村でもって、国際人のパスポートをみんな手に入れられるようにしていく、その環境をつくりたいと考えております」

 --市場のあり方戦略本部について、具体的に今後、知事はどういったことを検証する必要があると考えているのか。もう一つは、オリンピックの費用負担で、そのメドは

 「2問目のご質問の方からお答えさせていただきますと、私は年度末までにという気持ちでございました。ただ、やはり仕分けを、どこまでがレガシーでどこまでが仮設なのかという仕分けが、かなり細かい部分がございます。しっかり事務方同士ではそのことを認識しながらやり取りを続けているということなので、年度末はなかなか難しいかもしれないけれども、しかしながら、その準備は着実に前に進んでいるということだと理解をいたしております。これがやはりベースになりますので、ここをしっかりと積み上げていくことが、先日も福島県の県営あづま球場が決まったばかりであります。こういったことで、まだ流動的な会場の設置、霞ケ関カンツリー倶楽部の話にしても、先日、規約の改正をするという流れになったということで、まだまだ流動的でございますので、むしろそういう、何ていうのでしょうか、ルール作りというか、役割分担というのを今きちっと決めておくと、また次の会場変更があったときなどでも、結局、その原理原則ということが作られるというのが今一番重要なことなのではないかと、こう思っております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング