産経ニュース

【日独首脳会談】安倍首相とメルケル独首相、自由貿易の推進で一致 北朝鮮の核・ミサイル開発「新たな段階の脅威」として日米欧で連携強化

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日独首脳会談】
安倍首相とメルケル独首相、自由貿易の推進で一致 北朝鮮の核・ミサイル開発「新たな段階の脅威」として日米欧で連携強化

昼食会を兼ねた会談に臨むドイツのメルケル首相(左端)と安倍首相(右端)=20日、ドイツ・ハノーバー(代表撮影・共同) 昼食会を兼ねた会談に臨むドイツのメルケル首相(左端)と安倍首相(右端)=20日、ドイツ・ハノーバー(代表撮影・共同)

 【ハノーバー=石鍋圭】安倍晋三首相は20日昼(日本時間同日夜)、ドイツ・ハノーバーでメルケル独首相と会談し、日本と欧州、米国で自由貿易を推進していくべきだとの考えで一致した。北朝鮮の核・ミサイル開発問題については「新たな段階の脅威である」として、日米欧の連携強化が重要との認識を共有。5月にイタリアで開かれる主要国首脳会議(サミット)に向けて協力していくことを確認した。

 日独両首脳は、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の早期大枠合意に向け協力していくことも申し合わせた。安倍首相は会談後の共同記者会見で、「世界で保護主義の動きが大きくなる中、日欧が米国と協力して自由貿易の旗を高く掲げ続けなければならない」と強調。メルケル氏は「日本とEUの協力推進を確認した」と述べた。

 両首脳は北朝鮮をめぐり、拉致問題解決に向けて協力することを確認。安倍首相は中国による東・南シナ海での一方的な海洋進出について懸念を伝え、「一方的な現状変更の試みは国際秩序を揺るがす大問題」との認識で一致した。

 メルケル氏は共同会見で、北朝鮮問題について「地域のみならず、それを超える形での脅威だ」と指摘した。ロシアに対する経済制裁に関しては、ウクライナ東部情勢の解決に向けた「ミンスク合意」の実施がなければ「制裁を続行する」と述べた。

 また、17日の米独首脳会談でトランプ米大統領と関係を改善できなかったメルケル氏は「トランプ氏について非常に良い議論を行った」とも語った。

 安倍首相とメルケル氏の会談は昨年7月以来、14回目。昼食を交え、約90分間行った。

「ニュース」のランキング