産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】解散で国民に立法府の意義を問うてはどうか? 心胆を寒からしめる国会論戦を憂う

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
解散で国民に立法府の意義を問うてはどうか? 心胆を寒からしめる国会論戦を憂う

17日の衆院外務委員会で、民進党の福島伸享氏の森友学園問題の質問に答弁する安倍晋三首相=衆院第15委員室(斎藤良雄撮影) 17日の衆院外務委員会で、民進党の福島伸享氏の森友学園問題の質問に答弁する安倍晋三首相=衆院第15委員室(斎藤良雄撮影)

 とはいえ、院の構成に変化がなければ、つまり衆院議員がある程度入れ替わらない限り、ひたすら醜聞を求めて印象操作を繰り返す国民不在の国会は変わらない。

 国会が立法府の機能を果たさぬのならば、首相は平成29年度予算成立を待って「立法府の意義」を問うて衆院解散・総選挙に打って出てはどうか。きっと野党も望むところだろう。

 (政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比)

関連ニュース

「ニュース」のランキング