産経ニュース

【主張】PKO日報問題 稲田氏に国は守れるのか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【主張】
PKO日報問題 稲田氏に国は守れるのか

 組織中枢の不祥事がいかに現場の士気に悪影響を与えるか。日本の守りを司(つかさど)る集団で起きている問題だ。トップに立つ稲田朋美防衛相の責任は、極めて重大である。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の「日報」が、陸上自衛隊には残っていないと説明していたにもかかわらず、実は保管されていた。

 「実はあった」は、初めてではない。いったいどうなっているのか。ずさんな情報管理どころか、隠蔽(いんぺい)と言われても仕方ない。

 稲田氏は保管の事実を知らなかったとして「徹底的に調査する」と述べ、大臣直轄の防衛監察本部に特別防衛監察を命じた。誤りはもう許されないとの覚悟で、問題の所在を明らかにすべきだ。

 防衛省・自衛隊は日本最大の実力組織であり、政治のコントロール(文民統制)に服さなければならない。日報をめぐる事実が防衛相に知らされていなかったとすれば、当然、文民統制にかかわる問題となる。

 PKOを担当するのは統合幕僚監部だ。その幹部が陸自内の「日報」の存在を公表しないよう指示した疑いももたれている。広く聞き取りを進め、真相を解明してもらいたい。

 組織の責任者は稲田氏自身であることを、重ねて指摘しておきたい。防衛省・自衛隊をしっかりと掌握し、管理運営する能力が果たして十分なのか。稲田氏の国会での答弁ぶりにも、大きな疑問符が付けられている。

続きを読む

「ニュース」のランキング